BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

人気が高いサイクルコンピューターというと、BRYTON(ブライトン)。
台湾発のGPS系コンピューターメーカーですが、エントリーグレードのRIDER15がモデルチェンジし、RIDER15 NEOとなりました。

BRYTON RIDER15 NEO

RIDER15 NEOは前作のRIDER15と比べて、より高精細ディスプレイを採用。
これにより光の反射で見えづらくなることを抑え、炎天下を走るロードバイクにとってより見やすいディスプレイとなりました。

前作のRIDER15と比べて、大きさはほぼ同じ。
やや厚みが増したような形状になっています。

RIDER15 NEO RIDER15
46.1mm 46.2mm
高さ 71.1mm 71.0mm
厚み 21.6mm 16.5mm
重量 51g 52g

 

重量はほぼ変わらず。
バッテリーの最大駆動時間はどちらも同じ16時間。

ただし計測項目は、RIDER15が30項目なのに対し、RIDER15 NEOでは21項目と減っています。
RIDER15 NEOの計測項目は以下の通り。

現在時刻 現在時刻 現在の GPS 時刻。
走行時間 現在のアクティビティでの走行時間。
経過時間 現在のアクティビティに費やした合計時間。
高度 高度 現在位置における海面からの高さ。
最大高度 現在のアクティビティで到達した最も高い場所の高度。
登坂高度 現在のアクティビティ中に上昇した高度の合計。
下降高度 現在のアクティビティ中に下降した高度の合計。
勾配 走行距離と登坂高度から計算された勾配。
距離 距離 現在のアクティビティでの走行距離。
ODO リセットするまでの累積合計距離。
速度 速度 時間当たりの現在の距離の変化。
平均速度 現在のアクティビティの平均速度。
最高速度 現在のアクティビティの最高速度。
心拍数 心拍数 1 分あたりの心拍数。デバイスに接続されペアリングされた互換性のある HR センサーが必要です。
平均心拍数 現在のアクティビティの平均心拍数。
最大心拍数 現在のアクティビティの最大心拍数。
ケイデンス ケイデンス 現在の1分あたりのペダルの回転数。計測にはデバイスに接続されペアリングされた互換性のある ケイデンスセンサーが必要です。
平均ケイデンス 現在のアクティビティにおけるケイデンスの平均。
最大ケイデンス 現在のアクティビティにおけるケイデンスの最大。
方向 方向 現在走行して向かっている方位
気温 気温 現在の気温。

1万円アンダーのサイコンとしては、十分過ぎる機能。
特筆すべきは、高度計がこの価格帯でも標準装備されていることです。


ケイデンスセンサー付きと無し

ケイデンスというのは、1分間にペダルを何回回転させたかの数字。
ロードバイクでは重要な指標とされ、1分間に80~90回転させるのが理想とされています。

RIDER15 NEOには、ケイデンスセンサー付きのRIDER15 NEO Cと


ケイデンスセンサーが付属しない、RIDER15 NEO Eの二つがあります。


ケイデンスセンサー無しであれば1万円以下で買えるので、お手頃なサイクルコンピューターと言えるものです。

関連記事

  1. パンクを見逃す自転車店。手抜きには注意を。

  2. ママチャリの空気入れにこだわる。

  3. ツルツルタイヤはすぐに交換を。

  4. 高齢者向けの電動アシスト自転車。

  5. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  6. 自転車盗難の6,7割は無施錠が原因!鍵をしっかり掛けましょう。

  7. キッズ用ロードバイク、GIOS EASY。低身長の人にも。

  8. 素人修理は破壊行為になる。

  9. ラテックスチューブのススメ。

  10. サイクルオリンピックが出張自転車修理に参入?

  11. ブリヂストンアンカーの新型クロスバイクRL1が盗難補償付きで登場。

  12. チェーン店vs 個人店。自転車修理はどっちがいい?