自転車に乗っていて、汗が目に垂れてつらい人にお勧め!HALO プルオーバー2。

これからどんどん気温も上がっていき、スポーツをしている人は汗対策が重要になってきます。
ロードバイクやクロスバイクに乗る人は、汗をかなりかくと思いますが、汗が目に垂れてきて大変な思いをしたことがある人もいるでしょう。

そんな人にお勧めなのが、HALOプルオーバー2。

HALO プルオーバー2

これ、ただのヘッドバンドではありません。
内側に黄色のゴムシールが付いているのですが、これが汗を下に垂らさないようにストッパーのようになっているのが特徴。

ロードバイクやクロスバイクに乗る人は、ヘルメットとアイウェアを装着しているので、汗が目に垂れそうになっても思うように拭くこともできません。
HALOプルオーバー2はゴムシールによって、汗を真下に垂らさず、横に流すようにしてくれるため、目に汗が落ちないのが特徴。

汗が目に入ると、痛みで視界がなくなってしまいます。
ロードバイクやクロスバイクに乗る人にとっては、必須のヘッドバンドともいえる一本です。


メッシュタイプも

プルオーバー2は吸湿速乾性素材ですが、一日ロードバイクに乗って帰ってくると、汗をかなり吸っていて重くなっています。
自転車は風を浴びながら走るのである程度は乾いていくものですが、より軽快な感じがよければメッシュタイプもあります。


こちらも内側に黄色のゴムが付いているので、目に汗が垂れない点は同じ。
違いはヘッドバンドの素材だけです。

夏場も快適な自転車ライフを

これからの季節は汗との戦い。
目に汗が垂れると、一瞬で視界が利かなくなってしまうため、事故の元になります。

HALOのヘッドバンドはロードバイクやクロスバイクに乗る人には評価が高く、お勧めのヘッドバンドです。
夏場もしっかり汗対策をして、快適な自転車ライフを。

関連記事

  1. 自転車にも人間ドックと同じ感覚を。

  2. 2022年モデル、コーダーブルームのFARNA CLARIS。約10万でエントリーグレードの一台。

  3. 自転車は横断歩道を降りて渡る義務がある。

  4. パンク修理についてユーザーが望んでいること。

  5. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  6. ポタリングに最適!BIANCHI LECCO。

  7. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。

  8. 自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

  9. ビンディングペダル初心者にオススメ!片面フラットペダル。

  10. ロードバイクやクロスバイクのモデルチェンジは夏!早めに予約を。

  11. 雨の日は、出張受付をしていない修理店もあるので要注意!

  12. 自転車保険、絶対に加入すべきたった一つの理由。