【2021】クロモリのクロスバイク、おすすめ6選。細身のフレームで人気のクロスバイクを。

クロスバイクのフレーム素材は、カーボン、アルミ、クロモリとあります。
ほとんどのクロスバイクはアルミフレーム。
アルミは安価で軽量なので、ほとんどのクロスバイクではアルミフレームが採用されています。

カーボンフレームのクロスバイクはかなりの高級品で、ほとんどありません。

クロモリフレームはアルミとはまた異なる魅力を持ち、コアなファンに人気が高いフレーム素材です。

クロモリの魅力

細身でスタイリッシュな見た目


クロモリフレームの魅力は、まずその見た目。
アルミフレームやカーボンフレームは、フレームのパイプが太くゴツゴツした形状になりますが、クロモリフレームの場合は細身のスタイリッシュな見た目になる。
この細身のフレームは、クロモリ以外では実現できないため、クロモリフレームにはコアなファンが存在する。

アルミやカーボンのフレームでは出せない、味がある概観が特徴です。

振動吸収性がいい

ほとんどのクロスバイクはアルミフレームになるが、アルミフレームは安価で軽量というメリットがある一方、乗り味が硬くなり振動吸収性が乏しいという弱点がある。

クロモリフレームは適度なシナリがあるため、乗り心地、振動吸収性が優れた金属です。
長時間乗っていても疲れにくいことが、クロモリフレームの魅力と言えます。

今、プロのロードレースではほぼ100%カーボンフレームのロードバイクになっていますが、その昔はクロモリフレームでツールドフランスなどでも活躍していました。

重量は重い

クロモリフレームは細身のパイプを使っているため軽量だと誤解する人もいます。
残念ながら、フレーム素材としては最も重いのがクロモリフレームの弱点。

カーボンフレームから見ても2倍近いフレーム重量になることもあり、重量面でのデメリットから近年はプロレースで使われることはなくなりました。

よく出来たクロモリフレームは、「持つと重いけど走ると軽い」と言われます。
手で持ち上げると重たいなと思っても、自転車として走ってみるとなぜか軽やかに進む。
クロモリフレームの魅力は、重量では語ることができません。

おすすめクロモリのクロスバイク6選

ここからは実際に、おすすめのクロモリクロスバイクを挙げていきます。
クロスバイクと言ってもタイプは様々で、細めのタイヤを履いたスピード重視型もあれば、太目のタイヤを履いた安定志向のものまであります。

ラレー RCF


ラレーのRCFはメッキ出しされたフォークがカッコイイ、クロモリのクロスバイク。
クロスバイクというよりもフラットバーロードと言うべき存在で、スピード重視型。
タイヤもロードバイクと同じ太さの、25mm幅のタイヤを採用しているのが特徴です。

変速は、ロードバイクでも使われるエントリーグレードのクラリス(2×8変速)。
スタイリッシュに街乗りからスピードを上げたサイクリングまで、幅広く活躍できるたのもしい一台と言えるでしょう。

変速 クラリス(2×8)
タイヤ 25c(細め)
ブレーキタイプ リムブレーキ
値段(税別) 87,000
タイプ スピード志向
重量 11.5キロ

 

FUJI FEATHER CX FLAT


FUJIは元々は日本発祥のメーカーですが、今はアメリカに拠点を置いています。
FEATHER CXは砂利道も走れるグラベルロードで、それをフラットハンドルに変えたバージョンがFEATHER CX FLAT。

オフロードも走れることを前提にしているため、タイヤは太目の35mm幅がついており、悪路でも走れる安定志向のクロスバイクといえます。

変速 ターニー・アルタス(2×8)
タイヤ 35c(太目)
ブレーキタイプ ディスクブレーキ
値段(税別) 78,000
タイプ オフロードも走れる安定志向
重量 11.75キロ

 

FUJIは変速が無いシングルスピードのバイクのほうが求めている人が多いかもしれません。
FUJIのDECLARATIONは、クロスバイクの一種ともいえますが、一般的にはシングルスピードと呼ばれるカテゴリの自転車。
クロモリフレームですが、変速が無く、よりスタイリッシュな見た目になっており人気が高い自転車です。


MASI CAFE RACER PRIMA


MASI(マジィ)はクロモリフレームに力を入れているブランドの一つ。
カフェレーサープリマは、細身のタイヤ、ロードバイクに近いジオメトリを持つフレームでスピード志向のクロスバイクといえます。

デザイン性もよく、MASIはクロモリフレームの中でも人気が高いブランドです。
カフェレーサープリマについては、値段が抑えられている一方、変速数が1×7と少なめ。
激坂を登るにはちょっとつらいかもしれないので要注意。

変速 ターニー(1×7)
タイヤ 26c(細め)
ブレーキタイプ リムブレーキ
値段(税別) 62,000
タイプ スピード志向
重量

 

MASI SPECIALE OTTO


マジィのスペシャーレオットはクロモリフレームのクロスバイクですが、特徴的なのはホイール。
アルミ製ながらもディープリムと言う、空気抵抗を軽減させるスペシャルホイールが付いてくるのが特徴。

ディープリムは空気抵抗を引き裂くように加速するため、平坦では最速。
ただしアルミ製ディープリムはかなり重いため、加速するときや、登りでは脚に重さを感じると思います。
一度スピードに乗ってしまえば、最速のクロスバイクといえるでしょう。

変速数も1×8と少ないため、登りには向かない一台ですが、平坦メインであれば最高の一台になるでしょう。

変速 クラリス(1×8)
タイヤ 30c(普通くらい)
ブレーキタイプ リムブレーキ
値段(税別) 69,000
タイプ スピード志向
重量

 

GEOS ミストラル クロモリ


クロスバイクで定番の一台ともいえる、ジオスのミストラルのクロモリフレームバージョン。
定番とされるミストラルはアルミフレームですが、そのクロモリ版になります。

ジオスブルーと言われる特徴的なブルーのフレームで、人気が高いのがミストラル。
ミストラルは他社のクロスバイクよりもちょっといいホイールが付いて来ることでも有名で、ロードバイク用のシマノR501ホイールが付属。
ロードバイクではエントリーグレードのホイールですが、クロスバイクではかなり軽いホイールとなります。
値段も抑え気味の55,000円(税別)。

変速 ターニー・アルタス(2×8)
タイヤ 28c(やや細め)
ブレーキタイプ リムブレーキ
値段(税別) 55,000
タイプ スピード志向
重量 11.6キロ

 

BASSO LESMO


バッソのレスモは、軽量に仕上がったクロモリクロスバイクです。
重量は10.3キロとなっており、アルミフレーム車と比べても遜色ない重量。

ジオスのミストラルと同じく、シマノR501ホイールが付いてくる事でも評価が高い一台です。

変速 クラリス(2×8)
タイヤ 25c(細め)
ブレーキタイプ リムブレーキ
値段(税別) 79,000
タイプ スピード志向
重量 10.3キロ

 

クロモリフレームのクロスバイクは、それほど種類が多くないのが現状です。
どれも人気クロスバイクですが、多少の違いがありますので用途に合わせて選びましょう。

関連記事

  1. カジュアルなヘルメット5選。自転車といえど、事故に遭うと命に関わる。

  2. フリーパワーは効果がある?坂道でもスイスイ?

  3. バック拡げを使って後輪のタイヤ交換・チューブ交換をする自転車屋には行かないほうがいい

  4. キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

  5. 冬場に活躍!自転車乗りの防寒マスク4選。寒さをしのいで快適な自転車ライフを。

  6. 義務がある一時停止と、義務がない一時停止の話。

  7. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  8. いい自転車店とダメな自転車店の見分け方。

  9. 輪行後の変速不良は、リアディレイラーハンガーを疑う。

  10. 新サイトオープンします。

  11. 不在中に修理してくれる自転車店にはご注意!

  12. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

アーカイブ