ロードバイクの高輝度ライトは、ハイビームにならないように下に向ける。

近年、自転車用の高輝度ライトが主流になってきており、ロードバイクに乗る人には人気がある。
昔の自転車ライトとは異なり、かなりの明るさを誇るものが多いが、LEDの高輝度ライトは、向きを間違えると大変危険な結果になりうるものです。

高輝度LEDライトの欠点

日本が誇る自転車ライトメーカーというと、キャットアイ。
ヨーロッパでも人気が高く、コロナ禍で自転車需要が増大したヨーロッパでは品薄が続いているとも言われている大手ライトメーカーです。

日本でも自転車ライトといえば、真っ先に名前が上がるのはキャットアイ。
ロードバイクに乗る人に人気が高いのは、最大800ルーメンを誇るVOLT800あたり。


キャットアイのライトは、高品質で明るさにも定評がある。
しかしこのような高輝度ライトを水平に設置すると、対向車や歩行者からすると、目が眩む。

そのため、やや下向きになるようにライトを設置するのがポイントになる。
自転車に乗っている人間の視界が明るくても、対向車や歩行者が眩しくて目が眩むようなことになれば、自転車との距離感をつかめずに事故を起こす可能性もある。

キャットアイのGVOLTシリーズ

キャットアイにはGVOLTというシリーズのライトがある。
GVOLTの特徴は、上方向への配光をカットしている作り。

対向車から見て眩しくないように、上方向への配光をカットしている作りになっており、照射される光の範囲もやや独特になる。
自転車の乗り手にとっては視界がクリアで、対向車や歩行者も眩しくない上に、自転車の存在を知ることが出来るライトといえます。

GVOLTの「G」はGERMANY,つまりドイツを指す。
ドイツでは自転車用ライトについて、日本とは比べ物にならないほどのルールが厳格化されていて、ハイビームのように対向車が眩しいと感じる配光のライトが禁止されている。
つまりキャットアイのGVOLTシリーズは、ドイツの法令に従った規格のライトとなっている。


やや下向きに

ママチャリの場合はライトが付属していることも多いが、ロードバイクやマウンテンバイクなどのスポーツサイクルの場合、ライトは別売り、後付けが基本。
好みや用途に応じて、必要なライトを購入することとなる。

夜間に自転車に乗ることが多い人や、長いトンネル、暗いトンネルを通ることが多い人にとっては、高輝度ライトはもはや当たり前の装備。
しかしハイビームのように眩しい思いをさせてしまうと、むしろ事故を誘発してしまう恐れもある。

キャットアイのGVOLTシリーズのようなものを除き、高輝度ライトはやや下向きになるように取り付けることがポイント。
法律では対向車が来たときや、他の車両の直後を走る場合には、ロービームにするようにと定められている。
自転車ライトの場合、ワンタッチで光の方向を変えることは出来ないため、最初からやや下向きに取り付けることが大切。

近年は煽り運転が社会問題化しているが、ハイビームにしたことで対向車を怒らせてしまい、煽り運転される可能性もある。
たかがライトとは思わず、自転車用のライトを購入したときには、いろんな角度に設置して試して見ることが大切。

関連記事

  1. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  2. FUJI MADCAPは2022年モデルでも注目のフラットバーロード。

  3. キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

  4. 6月は79000件のPVがありました。

  5. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  6. NESTO LIMIT2。5万円台クロスバイクで9.9キロと軽量性を誇る一台。

  7. ガタガタ異音が鳴るママチャリは、早めに修理を。

  8. 45都道府県の出張対応の自転車修理店を公開しました

  9. 中古電動アシスト自転車を買うときに、注意したほうがいい3つのポイント。

  10. 1月は17000人の方のアクセスがありました。

  11. 自転車の洗車は水をなるべく使わないことがポイント。

  12. クロスバイクをより快適に。バーエンドバーのススメ。

アーカイブ