【2022モデル】FUJI TALAWAH。アドベンチャークロスバイクか!

FUJIのTALAWAHはクロスバイクですが、前年モデルと比べて大きくフレームのジオメトリが変更されました。
2022年モデルのTALAWAHは、グラベル・アドベンチャー寄りのクロスバイクと言っていいでしょう。

FUJI TALAWAH


この自転車の大きな特徴ですが、リアセンター長が前年モデルよりも20㎜増大。
リアセンター長は、ペダルから後輪までの距離。
リアセンターが長くなると直視安定性に優れるのですが、これによりもっとワイドなタイヤも入るクリアランスも確保されているので、いわゆるグラベルロードのフラットバー版みたいな遊び方も出来る。
より道路を選ばずに楽しめる一台になっています。

シンプルで美しいクロモリフレームにクロモリのフォーク。
決して軽いフレームではありませんが、クロモリ独特の粘りのある乗り味が好きな人や、細身のパイプが好きな人にお勧め。

変速はシンプルに、フロントは変速機が無い「フロントシングル」仕様。
リアの変速はDEORE10速と抜かりないスペックで、お値段は税込み104,500円。

オフロード性も高く、ブレーキはシマノの油圧ディスクブレーキを採用。
650Bという、一般的なクロスバイクに使われる700cタイヤよりもコンパクトな車輪ですが、700cホイールにも対応するようです。

本格的なMTBまでは求めていないけど・・・

オフロード性を高めたグラベル・アドベンチャークロスバイクと言っていいFUJIのTALAWAHですが、街乗りでの快速性よりも道を選ばずに走れる走破性を増強してリニューアルしたような一台です。
キャンプツーリング的な使い方でも面白そうな一台だし、街乗りから河川敷の未舗装路など自由に走れる走破性が特徴。

コロナの影響で、FUJIも自転車の納期が遅めです。
このTALAWAHについても、多くのショップでは2022年7月に入荷予定となっているのでかなり待つことになりますが、今の時代、早めに注文しないとゲットできません。
店頭に並んでから注文しようとすると、下手すると1年くらい待つケースもあるようですので、欲しい方は速めに注文し気長に待つしかなさそうです。


関連記事

  1. 激安自転車組立の問題点。

  2. 自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

  3. 電動アシスト自転車は、大手ブランドのものを選ぶべき。

  4. すぐに空気が抜けるのは虫ゴムの劣化!この際、スーパーバルブかスペシャルバルブに替えましょう。

  5. ちょっとの油断が大敵!ちょっと目を離すときも鍵を掛けよう!

  6. あってはならない自転車修理店。

  7. 街の自転車屋が減っていった理由。

  8. 2週に一度空気を入れるだけで、ママチャリはほとんどパンクしなくなる。

  9. ママチャリのパンクを予防するなら、2週間に一度の空気入れ。

  10. 2022年3月は18.3万PV。

  11. お陰様で月間5000人を超える方にお越しいただきました

  12. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。