クロモリフレームのアヘッドステムとスレッドステム。

今はメジャーな素材とは言い難いクロモリフレームですが、その昔はツールドフランスなどもクロモリフレームでした。
競輪は今もクロモリフレームです。

クロモリフレームの場合、アヘッドステムとスレッドステムの二種類があります。
それぞれのメリットとデメリットを。

アヘッドステムとスレッドステム

今のロードバイクはカーボンフレームやアルミフレームが主流なのでアヘッドステムのみと言っても過言ではありません。
スレッドステムは事実上、クロモリフォークに限定されます。

スレッドステムはこういうタイプ。


アヘッドステムはこのようなタイプ。


それぞれメリットとデメリットがあります。

アヘッドステム スレッドステム
メリット 主流の規格なので種類が豊富

フォークコラムが太くなるので剛性面では有利

交換しやすい

高さの調整が細かく出来る
デメリット スレッドよりも高さの調整が大雑把になる 種類が少なく選択肢が少ない

剛性面ではアヘッドに比べて不利

 

スレッドステムの場合はネジ切りが必要なので、事実上クロモリフォークに限定されます。
クロモリフォークとカーボンフォークでは大きく重量が異なるので、軽量性ではカーボンフォークのほうが有利。

スレッドステムは現在は主流とは言えない規格ですが、昔ながらの見た目になるので見た目で選ぶ人も多い。


見た目で選んでいい

主流派アヘッドステムですが、クロモリフレームの細身な感じにはスレッドステムのほうが似合うこともあり、あえてスレッドステムを選択する人も多い。
コルナゴのマスターはクロモリフレームですが、アヘッドステムとスレッドステムを選択できます。

このようにステムを選択できるものもありますが、現在はクロモリフレーム自体が少ないためそこまで選択肢が多いわけでもありません。
クロモリフレームの醍醐味の一つは、オーダーフレームが可能なこと。
パナソニックのクロモリフレームなども人気が高く、カラーリングも含めてオーダー可能。

なお、スレッドステムをアヘッド化するためのアダプターも販売されています。
アヘッドステムをスレッド化出来る場合もありますが、こちらは専門的な技術が必要な上に必ずできるわけではありません。
クロモリだとスレッドのほうがカッコいいなと筆者は感じますが、お好みでどうぞ。


関連記事

  1. カーボンシートポストがズリ落ちるときにはコレ。

  2. チェーンを洗浄することで、ペダリングが軽くなる。

  3. ママチャリのバルブキャップは、必須の部品。

  4. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  5. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  6. ロードバイクやクロスバイクがパンクした時に、3分もあれば復旧できるCo2インフレーター。

  7. クロスバイクの変速段数は、多いほうが有利?

  8. 高齢者に三輪自転車は危険?転びにくいと勘違いしていませんか?

  9. ロードバイクのブレーキは105以上にした方がいい3つの理由。

  10. ママチャリのパンク防止に救世主!?タイヤライナー。

  11. シマノ、パーツグレードアップ交換時の互換性の話。一定の法則があるよ。

  12. 自転車は車道を走るのがルール。だけど間違えている人も。