自転車通勤の目を守るヘルメット、OGKのVITT。

趣味でロードバイクに乗る人は、アイウェア(サングラス)を着用するのがもはや当たり前。
紫外線から目を守る効果だけでなく、走行中にゴミや虫が目に入ることを防いでくれる。

中にはサングラスが苦手という方もいるが、何かしら目を守ったほうがいい。

自転車に乗っているときに目を守る効果

ロードバイクのような速い自転車の場合は特にだが、走っているときに目に虫が入ったりすると、一瞬で視界がゼロになる。
これはとっても危険。
一瞬で視界がゼロになれば、ふらつく、ぶつかる、転ぶなど正常な運転が出来なくなってしまう。

そのため、ロードバイクなどスピードが出る自転車では、アイウェア(サングラス)を着用するのが当たり前になっている。
しかし何らかの理由で、サングラスが苦手、耳に掛かっていると不快という方もいるのだ。

エアロシールドを活用する

ロードバイク用のヘルメットの中には、タイムトライアルレースでよく使われるエアロヘルメットというものがある。
自転車用ヘルメットは通常、通気性を保つためのベンチレーションが付いているが、エアロヘルメットの場合はベンチレーションを減らし空力向上を目指したヘルメット。


このようなエアロヘルメットには、目を守るシールドが付いていることが多い。
シールドにより、より空気の抵抗を減らしているわけだが、どうしても通勤や通学で使うには暑苦しいヘルメットだし、レースのような本格的な雰囲気になってしまう。

そこで出てくるのが、OGKのVITT。


このヘルメットは通常のヘルメットのようにベンチレーションが多く、それでいて目を守るシールドが付いているのが特徴。
VITTを愛用する人は、タイムトライアルレース用ではなく、普段使いのヘルメットとして使う人が多いようだ。

花粉症の時期に、目を花粉から守るために、少しでも花粉を浴びないようにと使う人もいる。
メガネとの併用で使う人もいる。

このようなヘルメットなら、アイウェアがなくても目を守る効果がある。

目も守って安全に

スポーツタイプの自転車に乗るときは、ヘルメット、アイウェア、グローブは三種の神器。
ヘルメットは頭部の損傷リスクを減らし、アイウェアは目を守ることで安全な走行に繋がる。
グローブは万が一落車転倒してしまった場合に、擦過傷を軽減する効果が期待できる。

自転車通勤の人が増えていますが、感染症予防のために自転車通勤にしても、事故を起こして怪我をすれば意味が無い。
安全な走行のために、アイウェアの代わりになるヘルメットもあるという話です。

関連記事

  1. 8月は92000PVでした。

  2. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  3. ママチャリこそ空気をしっかり。

  4. 危険な自転車事故から身を守るために

  5. 通勤通学に向くチューブ、向かないチューブ(ロードバイク・クロスバイク編)

  6. スポーツ自転車はサドルが高い位置にある。初心者さんの中には、怖いと思う人も。

  7. 自転車用パンク修理剤でも、普通にママチャリパンクは直ります。

  8. パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  9. 足踏み式空気入れでラクラク入れる。

  10. 新サイトオープンします。

  11. ロードバイクやクロスバイクのパンクは、パッチ修理しないのが一般的。

  12. ロードバイクで遠出するときに、必須の工具5点。

アーカイブ