すぐに空気が抜けるのは虫ゴムの劣化!この際、スーパーバルブかスペシャルバルブに替えましょう。

ママチャリのタイヤ、空気入れたばっかりなのにすぐに空気が抜けていくことってありません?
パンクしてチューブに穴が開いていることもありますが、バルブの中にある虫ゴムが劣化していることも。

虫ゴムは耐久性が低いので、それなら違うものに交換してしまったほうがいい。

虫ゴム


ママチャリのバルブの奥には虫ゴムが付いてます。
虫ゴム、悪くは無いのですが、とにかく耐久性が低い。
空気入れたばっかりなのにタイヤが凹んでいる場合、虫ゴムが劣化している状態が疑われます。

虫ゴム自体、高くないものです。
自転車屋で交換してもらっても高いものではないし、他の修理についでなら無料で交換するという自転車屋もあるくらい。

けどイチイチ虫ゴムを交換するのが面倒な人もいるので、そういう方にはスーパーバルブやスペシャルバルブがお勧め。

スーパーバルブ・スペシャルバルブ

こちらが定番、ブリジストンのスーパーバルブ。


スーパーバルブとスペシャルバルブでは構造が多少異なるのですが、どちらにも共通しているのは虫ゴム不要で可動式の弁構造になっていること。
この構造により、ブリジストンのスーパーバルブでは虫ゴムの6倍近い耐久性を誇るとしています。

ママチャリの空気を入れるとき、最初が異常に硬かったりしませんか?
実はスーパーバルブやスペシャルバルブにすることで、空気を入れるのもラクになるというスグレモノ。

耐久性はスーパーバルブが上。
空気の入れやすさはスペシャルバルブのほうがちょっと上。

どちらにしても、虫ゴムを使わないので耐久性は向上します。


一石二鳥のスグレモノ

虫ゴムを使うバルブからスーパーバルブやスペシャルバルブに交換すると、耐久性が上がり、空気入れもラクになる。
まさに一石二鳥のスグレモノ。

そして特に高いものではなく、数百円で購入できます。

空気入れも、今までどおりママチャリ用(英式バルブ用)でOK。
こんな便利なものがあるのでから、変えない手は無い!

虫ゴムはどうしても劣化が早いのが難点。
空気がすぐに抜けていく場合は、虫ゴムの劣化を疑い、虫ゴムが劣化しているならスーパーバルブに交換してしまうのがおすすめ。

関連記事

  1. 高齢者向けの自転車と言うと、「こげーる」もある。

  2. 冬の自転車は「耳」を守れ!痛さから守るイヤーウォーマー5選。

  3. 2022年3月は18.3万PV。

  4. 自転車保険とロードサービス。ロードサービスは必要?

  5. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  6. カーボンシートポストのメリットとは?振動吸収?軽量化?

  7. パンクを見逃す自転車店。手抜きには注意を。

  8. 失敗しない出張自転車店の選び方。

  9. ママチャリのタイヤを交換。

  10. タイヤで変わる!ロードバイクのグレードアップはタイヤから。

  11. ロードバイクで遠出するときに、必須の工具5点。

  12. 自転車ヘルメットが努力義務化。