すぐに空気が抜けるのは虫ゴムの劣化!この際、スーパーバルブかスペシャルバルブに替えましょう。

ママチャリのタイヤ、空気入れたばっかりなのにすぐに空気が抜けていくことってありません?
パンクしてチューブに穴が開いていることもありますが、バルブの中にある虫ゴムが劣化していることも。

虫ゴムは耐久性が低いので、それなら違うものに交換してしまったほうがいい。

虫ゴム


ママチャリのバルブの奥には虫ゴムが付いてます。
虫ゴム、悪くは無いのですが、とにかく耐久性が低い。
空気入れたばっかりなのにタイヤが凹んでいる場合、虫ゴムが劣化している状態が疑われます。

虫ゴム自体、高くないものです。
自転車屋で交換してもらっても高いものではないし、他の修理についでなら無料で交換するという自転車屋もあるくらい。

けどイチイチ虫ゴムを交換するのが面倒な人もいるので、そういう方にはスーパーバルブやスペシャルバルブがお勧め。

スーパーバルブ・スペシャルバルブ

こちらが定番、ブリジストンのスーパーバルブ。


スーパーバルブとスペシャルバルブでは構造が多少異なるのですが、どちらにも共通しているのは虫ゴム不要で可動式の弁構造になっていること。
この構造により、ブリジストンのスーパーバルブでは虫ゴムの6倍近い耐久性を誇るとしています。

ママチャリの空気を入れるとき、最初が異常に硬かったりしませんか?
実はスーパーバルブやスペシャルバルブにすることで、空気を入れるのもラクになるというスグレモノ。

耐久性はスーパーバルブが上。
空気の入れやすさはスペシャルバルブのほうがちょっと上。

どちらにしても、虫ゴムを使わないので耐久性は向上します。


一石二鳥のスグレモノ

虫ゴムを使うバルブからスーパーバルブやスペシャルバルブに交換すると、耐久性が上がり、空気入れもラクになる。
まさに一石二鳥のスグレモノ。

そして特に高いものではなく、数百円で購入できます。

空気入れも、今までどおりママチャリ用(英式バルブ用)でOK。
こんな便利なものがあるのでから、変えない手は無い!

虫ゴムはどうしても劣化が早いのが難点。
空気がすぐに抜けていく場合は、虫ゴムの劣化を疑い、虫ゴムが劣化しているならスーパーバルブに交換してしまうのがおすすめ。

関連記事

  1. 自転車で旅を!輪行袋の選び方とオススメ輪行袋3選。

  2. FELT VERZA SPEED40。2022年も継続モデルです。

  3. ロードバイク・クロスバイクは専門店で修理するのが無難。

  4. 電動アシスト自転車は、大手ブランドのものを選ぶべき。

  5. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

  6. 近年大注目のNESTOのクロスバイク特集。手頃な価格で通勤通学にも便利。

  7. タイヤで変わる!ロードバイクのグレードアップはタイヤから。

  8. 傘差し自転車は違反?さすべぇも違反?

  9. 2週に一度空気を入れるだけで、ママチャリはほとんどパンクしなくなる。

  10. コーダーブルームのRAIL ACTIVEに注目すべき3つの理由。

  11. BIANCHI VIA NIRONE7はエントリーグレードで人気が高いロードバイク。

  12. ママチャリは空気を入れ過ぎてもダメ。

アーカイブ