ツールケースorサドルバッグ。

ロードバイクに乗るときには、工具やチューブなどを持っていきます。
走行中のメカトラブルに備えるためです。

その際、サドルバッグを使うか、ツールケースを使うかという問題があります。

サドルバッグorツールケース

サドルバッグはサドルの下につける道具入れ。
この中にタイヤレバー、チューブ、Co2、簡易工具などを入れておきます。

サドルバッグの利点は、容量が大きいサドルバッグもあるので、ツールケースよりも中に入れる量を増やせること。
いろんなものを詰めておきたい人にとってはサドルバッグのほうがいい。

デメリットは、ダンシング(立ち漕ぎ)したときに重く感じること。
ツールケースよりも重心が高くなってしまうこともデメリット。

次にツールケース。



ツールケースの場合、ボトルケージに入れておくことが一般的。
そのためサドルバッグよりも、低重心化出来ることやダンシングしたときにロードバイクの振りが軽くなることがメリット。
その一方、ボトルケージを使うため、ボトルは一本しか使えなくなってしまいます。
サドルバッグと比較すると、入れる量についても制限が掛かります。

好み次第

どっちが優れているかについてですが、どちらもメリット・デメリットがあるため好みの問題と言ったほうがいいかもしれません。

リアライトをシートポストに付けたい人の場合、サドルバッグがあると取り付け出来なくなる可能性があります。

blank

ロードバイクの見た目としても、サドルバッグよりもツールケースのほうがスッキリしますね。
ツールケースはジャージのバックポケットに入れることも出来るため、ジャージにツールケースを入れることでドリンクボトルを二本使うこともできます。

好みの問題ですが、見た目と荷物量で考えていいと思います。
荷物量が多いならサドルバッグ。
そうでないならツールケース。



関連記事

  1. blank

    出張の自転車修理店は、どれくらいお値段がかかる??

  2. blank

    パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  3. blank

    ママチャリの空気が1日で抜ける!その理由は?

  4. blank

    自転車の交通違反について、少額違反金制度が作られる。

  5. blank

    幼児2人同乗基準適合車・電動アシスト自転車の購入費用は、自治体から支援されるケースもある。

  6. blank

    自転車通勤をする方が、パンクを最大限避けるための3つのコツ。

  7. blank

    スポーツサイクルに乗るときには、アイウェアを着けることがマスト。

  8. blank

    ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  9. blank

    ロードバイクやクロスバイク、ギアの数が多いとどんなメリットがある?

  10. blank

    安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  11. blank

    自転車通勤をする上で知っておきたい、正しい交通ルール。自転車レーンを正しく理解しましょう。

  12. blank

    ロードバイクで遠出するときに、必須の工具5点。

アーカイブ