安いママチャリと高いママチャリの差。

ママチャリを買おうとしたときに、量販店に行けば1万円弱とかでも買えますよね。
だいたいはノーブランド品とか、聞いたことがないようなメーカーのものですが。

その一方、ブリジストンとかパナソニックとか、名が知れたメーカーのママチャリは結構高かったりします。
これが単なるブランド力の差・・・ではありません。

安いママチャリと高いママチャリの差

どちらも自転車には違いないので、漕げば進む。
漕いで進まない自転車は・・・さすがにありません。

でも名が知れたメーカー品だと、万単位で差が出ることも珍しくはない。

この差ですが、フレームの差と、パーツの差です。

分かりやすいほうの、パーツの差。
激安ママチャリは、付いているパーツが結構貧弱。
チェーンとか、ギア周りが安物だったりするし、壊れやすいランクのパーツが付いていることも。

フレームの差は、フレームの出来。
自転車のフレームって、漕ぐと歪むのを知ってますか?
ペダルにグイッと力が入ると、それに応じてフレームが捻じれるように歪み、歪みながら進んでいってます。

もちろん、街中を走っている自転車を見ても、歪んでいるのを目で見てもわかりませんよ。

歪みが大きいと、ペダルを漕いだ力が逃げていきます。
漕いでも漕いでも進まない・・・
こういう違いは、乗り比べないと分からないことが多いです。

でも、同じ力を使って漕いでも、高いママチャリのほうがより進む。
そして付いているパーツもいいので、壊れにくい。

こういう差が値段に出ています。

長く使うならメーカー品がオススメ

長い目でママチャリを使うことを考えると、一時の安さに釣られるよりは、そこそこお金を出して買ったほうがトータルでは安くなる場合も。
安物を買って、すぐに壊れたりしたら、パーツ交換で結構お金が飛んじゃいますよ。

いまやママチャリのほとんどは中国製ですが、高い自転車のほうがやっぱりきちんと作られている。
当たり前ですよね。

単にブランド代ではありませんから、長く使うことを考えたらメーカー品がオススメです。

関連記事

  1. 寒い冬に必須!防寒バッチリの自転車用グローブ9選。

  2. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  3. 新年あけましておめでとうございます。

  4. 4月は39000件のアクセスがありました。

  5. コーダーブルーム、RAIL ACTIVEは5万円台ながらもクロスバイクの本命ともいえるスペックで。

  6. ママチャリのタイヤ、寿命のサインは「ひび割れ」。

  7. ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!

  8. シマノ、パーツグレードアップ交換時の互換性の話。一定の法則があるよ。

  9. 10月はおよそ7200名の方にお越し頂きました。

  10. 7月は76000PVでした。

  11. ツールケースorサドルバッグ。

  12. 通勤通学に向くチューブ、向かないチューブ(ロードバイク・クロスバイク編)

アーカイブ