空気入れをラクにしたいならコレ!HIRAMEのポンプヘッド。

ロードバイクやクロスバイクに乗る人は、乗る前に必ず空気圧をチェックします。
適正な空気圧に保つことでパンクリスクを減らし、タイヤの転がりと振動吸収性をコントロールする。

空気入れ、面倒ですよね。
そんな方によりラクチンに空気を入れる、HIRAMEのポンプヘッドを。

HIRAMEのポンプヘッド


ポンプヘッドというくらいなので、空気入れの先端のみ。
これで結構なお値段です。
(空気入れ自体は別途用意する必要があります)

このポンプヘッド、人気が高いには理由があります。
チューブのバルブとの適合性が高いので、エア漏れすることなくグングン空気が入っていく。
そのため、頻繁に空気を入れるロードバイクでは使用者が多く、ラクに空気を入れることができる魔法のアイテムともいわれる逸品。

普通のポンプヘッドだと、少しエア漏れしているのか空気圧が上がるのが遅い。
HIRAMEはとにかく秀逸な出来で、グングン空気が入ります。

空気入れは何でもよい

基本どの空気入れでもポンプヘッドは取り付け可能なので、空気入れを購入して先端をHIRAMEに変えるだけ。
英式バルブ(ママチャリ用)のアダプターもあるのですがこれは入手困難なようです。

ママチャリでも、英式バルブから仏式バルブに変換するアダプターを使えばHIRAMEのポンプヘッドでグングン空気を入れることが可能。
ママチャリでHIRAMEのような高級ポンプヘッドを使う人は少ないかもしれませんが、ロードバイクだったら絶対にこれが一番。
似たような形状の類似品もありますが、耐久性が劣るようなのでホンモノを選びましょう。



関連記事

  1. 自転車にも人間ドックと同じ感覚を。

  2. ママチャリ通勤者が、安全性を高めるコツ。

  3. ロードバイクやクロスバイクを、店舗で買うか、通販で買うかの大きな違い。

  4. 電動アシスト自転車は、大手ブランドのものを選ぶべき。

  5. 9月は115000PVでした。

  6. 電動キックボードの通行方法。

  7. 2022年3月は18.3万PV。

  8. 納得してもらうのも技術。

  9. ママチャリ用パンク防止剤は、メリットとデメリットがある。

  10. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  11. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  12. 一か八かの修理をする自転車店。