定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

クロスバイクのド定番と言えば、ジオスのミストラル。


もう何年ヒット商品であり続けるのかわからないほど、ド定番のクロスバイクです。

ジオス ミストラル

ジオスのミストラルは、筆者がスポーツ自転車に乗り始めた15年前にはすでにありました。
当時から「ジオス ミストラル」vs「ジャイアント エスケープR3」という二大お手頃クロスバイクの構図がありました。

ミストラルはアルミフレームにクロモリフォーク、3×8変速というベーシックなスペックです。
これよりも高性能なクロスバイクはもちろんありますが、低価格で購入でき、ベーシックなスペックなところから人気が高い一台。

ジオス独特の「ジオスブルー」も人気の一つ。
アルミフレーム版だけでなく、クロモリフレーム版のミストラルもあるのが嬉しいところ。


ミストラルが他よりも優れている点

ミストラルが他のクロスバイクよりも優れている点は、ホイールにあります。
クロスバイクのホイールはやたら頑丈で重たいものばかりですが、ミストラルは伝統的にロードバイク用ホイールの「SHIMANO WH-R501」を採用しています。

ロードバイク用としては1889gもあるため「鉄下駄ホイール」などと呼ばれますが、クロスバイクについているホイールは2200~2500gくらいあることもあり、クロスバイク用ホイールとしては圧倒的に軽い。

車輪の軽さは走りの軽さにも繋がるため、他社クロスバイクよりも優れている点といえます。

ミストラルを選ぶ人は、価格面とデザイン性から選ぶ人が多い。
ド定番クロスバイクの一つと言っていいでしょう。


関連記事

  1. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  2. ロードバイクとグラベルロードの違いを解説するよ。

  3. 何でもかんでもパンク修理する店と、とにかくチューブ交換を促す店。

  4. バーエンドキャップでオシャレ感を。

  5. 電動アシスト自転車は、専用タイヤを推奨。普通のタイヤだとダメになるのも早いよ。

  6. 寒い冬に必須!防寒バッチリの自転車用グローブ9選。

  7. 自転車で旅を!輪行袋の選び方とオススメ輪行袋3選。

  8. すぐに空気が抜けるのは虫ゴムの劣化!この際、スーパーバルブかスペシャルバルブに替えましょう。

  9. 自転車盗難対策に!三ヶ島のEzyペダルはいかがですか?

  10. ペットボトルでも安定するボトルケージ。

  11. パンク修理、いくらくらいが相場?

  12. GIANT CONTEND0(ゼロ)。2022年モデルには105モデルがあります。