定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

クロスバイクのド定番と言えば、ジオスのミストラル。


もう何年ヒット商品であり続けるのかわからないほど、ド定番のクロスバイクです。

ジオス ミストラル

ジオスのミストラルは、筆者がスポーツ自転車に乗り始めた15年前にはすでにありました。
当時から「ジオス ミストラル」vs「ジャイアント エスケープR3」という二大お手頃クロスバイクの構図がありました。

ミストラルはアルミフレームにクロモリフォーク、3×8変速というベーシックなスペックです。
これよりも高性能なクロスバイクはもちろんありますが、低価格で購入でき、ベーシックなスペックなところから人気が高い一台。

ジオス独特の「ジオスブルー」も人気の一つ。
アルミフレーム版だけでなく、クロモリフレーム版のミストラルもあるのが嬉しいところ。


ミストラルが他よりも優れている点

ミストラルが他のクロスバイクよりも優れている点は、ホイールにあります。
クロスバイクのホイールはやたら頑丈で重たいものばかりですが、ミストラルは伝統的にロードバイク用ホイールの「SHIMANO WH-R501」を採用しています。

ロードバイク用としては1889gもあるため「鉄下駄ホイール」などと呼ばれますが、クロスバイクについているホイールは2200~2500gくらいあることもあり、クロスバイク用ホイールとしては圧倒的に軽い。

車輪の軽さは走りの軽さにも繋がるため、他社クロスバイクよりも優れている点といえます。

ミストラルを選ぶ人は、価格面とデザイン性から選ぶ人が多い。
ド定番クロスバイクの一つと言っていいでしょう。


関連記事

  1. 街の自転車屋が減っていった理由。

  2. ポタリングに最適!BIANCHI LECCO。

  3. 自転車スタンドには左利き用もあります。

  4. 自転車修理で多いトラブル。パンク修理を頼んだのにチューブ交換された?

  5. 2022年5月は20.4万PV。

  6. タイヤキーにご注意を。

  7. 10万円以下のロードバイク、おすすめ5選。

  8. ママチャリのタイヤが劣化する原因。

  9. ロードバイクやクロスバイクに乗るときに、グローブを着ける意味。

  10. 自転車通勤に最も適した距離は?9割弱が10キロ未満という結果に。

  11. 自転車通勤をする方が、パンクを最大限避けるための3つのコツ。

  12. コーダーブルーム、RAIL ACTIVEは5万円台ながらもクロスバイクの本命ともいえるスペックで。