定番クロスバイクと言えば、GIOSミストラル。

クロスバイクのド定番と言えば、ジオスのミストラル。


もう何年ヒット商品であり続けるのかわからないほど、ド定番のクロスバイクです。

ジオス ミストラル

ジオスのミストラルは、筆者がスポーツ自転車に乗り始めた15年前にはすでにありました。
当時から「ジオス ミストラル」vs「ジャイアント エスケープR3」という二大お手頃クロスバイクの構図がありました。

ミストラルはアルミフレームにクロモリフォーク、3×8変速というベーシックなスペックです。
これよりも高性能なクロスバイクはもちろんありますが、低価格で購入でき、ベーシックなスペックなところから人気が高い一台。

ジオス独特の「ジオスブルー」も人気の一つ。
アルミフレーム版だけでなく、クロモリフレーム版のミストラルもあるのが嬉しいところ。


ミストラルが他よりも優れている点

ミストラルが他のクロスバイクよりも優れている点は、ホイールにあります。
クロスバイクのホイールはやたら頑丈で重たいものばかりですが、ミストラルは伝統的にロードバイク用ホイールの「SHIMANO WH-R501」を採用しています。

ロードバイク用としては1889gもあるため「鉄下駄ホイール」などと呼ばれますが、クロスバイクについているホイールは2200~2500gくらいあることもあり、クロスバイク用ホイールとしては圧倒的に軽い。

車輪の軽さは走りの軽さにも繋がるため、他社クロスバイクよりも優れている点といえます。

ミストラルを選ぶ人は、価格面とデザイン性から選ぶ人が多い。
ド定番クロスバイクの一つと言っていいでしょう。


関連記事

  1. 三輪自転車の注意点。傾斜で転倒するリスク。

  2. 自転車には注油してはいけない場所がある。

  3. 2022年モデル、コーダーブルームのFARNA CLARIS。約10万でエントリーグレードの一台。

  4. 自転車に「ベル」を装備していないと違反!

  5. ママチャリのチェーン、注油の頻度はどれくらい?

  6. 6月は79000件のPVがありました。

  7. FUJI MOTIVATOR。クロスバイクタイプのE-BIKE。

  8. パンク修理では、パッチの重ね貼りはNG。

  9. 自転車のチューブは必ず適合するサイズを。

  10. 足踏み式空気入れでラクラク入れる。

  11. 出張自転車の修理店を探すときは、車(バン)で来てくれるほうが効率的。

  12. ロードバイク・クロスバイクで追突事故を防ぐ!デイタイムライトを是非!