傘をさしたまま自転車に乗ることは危険。

自転車に乗っているときに雨が降ってきたら、ついつい傘を開いてしまう人はいませんか?
道路交通法違反なのは当然ですが、それ以上に危険性があります。

傘さし自転車の危険性

傘をさして自転車に乗れば、片手運転になるしかありません。
片手運転になりフラフラしやすくなりますが、風によって傘が煽られるため、想像以上にフラフラします。

突発的な風が吹けば自転車ごと倒れてしまうことがありますし、倒れそうになったときに片手がふさがっているため、両手でハンドルを支えてバランスを取ることができません。

また、雨の日にはただでさえブレーキが効きにくい状態になりますが、片手ブレーキだとなおさら効きません。
歩行者が飛び出してきたときに止まれないなど、他人を怪我させるリスクもあるため、傘をさして自転車に乗ることは全くオススメできません。

カッパを推奨


雨の日にはただでさえ滑りやすいため2輪車は避けたほうが無難ですが、どうしても自転車に乗るならカッパになります。
傘よりも煩わしいのは仕方ありません。
安全のためにカッパを買いましょう。

関連記事

  1. 足踏み式空気入れでラクラク入れる。

  2. ママチャリは空気を入れ過ぎてもダメ。

  3. 10万円と100万円のロードバイク、いったい何が違うの?

  4. 頼んでもいない修理、代金を請求されたらどうする?

  5. ペダル装着する際にはグリスを。

  6. ブレーキキャリパーは105以上を選ぶのが正解。

  7. ロードバイクやクロスバイクがパンクした時に、3分もあれば復旧できるCo2インフレーター。

  8. 失敗しない出張自転車店の選び方。

  9. パンクを見逃す自転車店。手抜きには注意を。

  10. ルイガノMULTIWAY700。街乗りに最適なドロップハンドル車。

  11. 空気入れをラクにしたいならコレ!HIRAMEのポンプヘッド。

  12. 自転車事故の3分の2は、何らかの法令違反。自転車事故の約半分は出会い頭の事故。