キャットアイから新作リアライトViz300が登場。デイライトでも明るく見やすく。

キャットアイから新作のリアライト、ViZ300(ビズ300)が登場しました。
デイライトでもかなりの明るさを誇る期待の新作。

ViZ300

https://www.cateye.com/

キャットアイというと日本が誇る自転車用ライトメーカーの最大手。
ロードバイク界では、恐らく使用者が多いブランドとして知られています。

ViZ300の特徴は、最大300ルーメンの明るさ。
デイライト使用時に最も明るくなるように設定されています。

パターン 時間 明るさ
点灯 約5時間 30ルーメン
点滅 約45時間 30ルーメン
グループライド 約8時間 100ルーメン
デイタイムハイパーフラッシュ 約10時間 300ルーメン

最近は日中でもライトを点ける「デイタイムライト」が流行中。
日中でもライトを点けることで、大幅に安全性が向上するという報告もあります。

この機会にデイタイムライトを

少しずつデイタイムライト使用者が増えていますが、まだまだ普及度としては足りません。
この機会に日中でもリアライトを点滅させる、デイタイムライトをお勧めします。

なおViZ300は店頭限定での販売のため、通販では販売されません。
キャットアイにはGVOLTという、上下の配光をカットしたモデルがありますが、GVOLT100も店頭限定での販売。
しかも入荷するとすぐに売れてしまうと評判です。

ViZ300もどの程度の量が販売されるのかわかりませんが、欲しい方はお早めにサイクルショップへ。


関連記事

  1. 空気の入れすぎによるパンク。

  2. チェーン店vs 個人店。自転車修理はどっちがいい?

  3. 自転車屋の空気入れは無料?有料?どっちが適正なのだろう。

  4. パンク防止ライナー。

  5. TPUチューブは軽い「だけ」。

  6. ママチャリのタイヤが劣化する原因。

  7. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  8. お陰様で月間5000人を超える方にお越しいただきました

  9. シェアサイクルで事故を起こしてしまったとき、自転車保険は下りるのか?

  10. フル電動自転車に要注意。

  11. 空気圧が低いことによるリスク。

  12. ロードバイクやクロスバイクに乗るときに、グローブを着ける意味。