パンク修理翌日にパンクしたのは自転車屋のせい?

時々聞くお話です。

ある自転車屋でパンク修理してもらった翌日にパンクしました。
自転車屋の失敗だと思いますか?

これは調べてみればわかります。

自転車屋の失敗?別問題?

昨日パンク修理した箇所から空気が漏れていたなら、自転車屋が修理をミスした可能性がありますが、昨日パンク修理した箇所とは違うところに新たにパンク穴が開いた可能性もあるため、調べてみないとわかりません。

不安があるようなら、修理の工程をずっと見ていればわかりますし、昨日パンク修理を失敗していたなら新たに費用は請求しないことが多い気がします。

気を付けたいのは

自転車屋もいろいろなので、残念ながら単純に腕が悪い人もいるし、本来ならチューブ交換すべきなのにパンク修理をして二回工賃を取ろうとする人もいます。

自転車の鍵がうまく作動しなくなったときに、鍵穴に注油すると一時的には改善します。

しかし鍵穴に注油すると内部に埃が溜まるため、故障するのが早くなります。
一時的に改善したかのようで、長い目でみれば破壊活動をしていることになりますが、一時的には改善したというところを強調して二回工賃を取ろうとする自転車屋もあるため注意が必要です。


関連記事

  1. 電動キックボードの通行方法。

  2. 自転車の違反講習制度をご存知でしょうか?

  3. パンク修理についてユーザーが望んでいること。

  4. 高齢者に三輪自転車は危険?転びにくいと勘違いしていませんか?

  5. ブリジストンTB1e ブルホーンカスタムVer。ブルホーンバーでより乗りやすく。

  6. 突然の自転車タイヤのバーストに!タイヤブートを。

  7. クロスバイク用フロントライトのおすすめ5選。通勤通学の必需品。

  8. 通勤通学で時間が無いときのパンク対策に、パンク修理時は有効なのか?

  9. パンク防止剤(スライム)は入れないほうがよい

  10. 自転車でも「ひき逃げ」「当て逃げ」は犯罪になる。

  11. 中古の電動アシスト自転車は、バッテリーに注意。

  12. ちょっとの油断が大敵!ちょっと目を離すときも鍵を掛けよう!