ハブにオイルを使ってはいけない。

自転車の車輪の回転軸に近い部分をハブと呼びます。

自転車はフリーハブという構造が使われており、ペダルを回すことを止めても車輪は惰性で回転します。
競輪に使われるピストバイクの場合、フリーハブになっていないためペダルを逆方向に回転させるとバック走行できますが、ママチャリはそのような構造にはなっていません。

ハブにオイルは厳禁

フリーハブ構造はラチェットという爪があることによら空転できるようになっています。
ハブの中にはグリスが詰められていますが、時々素人修理としてハブの中にスプレーオイルを吹き掛ける人がいます。

グリスというのはバターみたいな硬い油。
オイルはサラサラしていますが、グリスが詰められてハブにオイルを使ってしまうと、グリスが溶けて流れてしまいます。

ラチェットの動きが悪いとか、グリスが固着しているものを改善する目的と称してスプレーオイルを吹き掛ける人がいますが、瞬間的には改善したようになります。
ただし、グリスが溶けて流れていくため、本来あるべきグリスがなくなってしまうため壊れるのが早くなります。

本来ならハブを開けて洗浄し新しいグリスを詰め直す作業が必須なのにも関わらず、スプレーオイルを使ってしまったために数ヶ月で壊れる結果になりかねません。
きちんとメンテナンスしながら使えば10年くらい使えるハブが、数ヶ月で修理不可能になることもあります。

恐ろしいことに自転車店でも

素人さんが何も知らずにやってしまったなら仕方ありません。
問題なのは、プロとされるべき自転車店でもこのような修理をすることにあります。

スプレーオイルを使うと、一時期には改善します。
しかし本来は何年も持つはずのハブが、数ヶ月で寿命になってしまうことも。

恐ろしいことに、プロとされるべき自転車店でもやってしまう。

一時期には改善するのでお客さんは直った気になります。
しかし数ヶ月後にはおかしくなり、再び修理を頼むと寿命だから取り替えるしかないとウソを言われる。

本来ならスプレーオイルなんかを使わずに、きちんとハブの洗浄と新しいグリスの詰め替えをすれば何年も使えたパーツが、数ヶ月で故障して修理不可能になる。
このようなことをしている自転車店もあるため、注意が必要です。


関連記事

  1. 頼んでもいない修理、代金を請求されたらどうする?

  2. 自転車盗難の6,7割は無施錠が原因!鍵をしっかり掛けましょう。

  3. 2022年4月は20.7万PVでした。

  4. 出張自転車の修理店を探すときは、車(バン)で来てくれるほうが効率的。

  5. NESTO LIMIT2。5万円台クロスバイクで9.9キロと軽量性を誇る一台。

  6. ロードバイクはホイールが命!ホイールをグレードアップすればまるで違う乗り心地に。

  7. EVERSのパンク防止剤、それなりに効果がある。

  8. 出張自転車修理店の登録について

  9. 高齢者に三輪自転車は危険?転びにくいと勘違いしていませんか?

  10. ロードバイクを買ったらスプロケットを変えてみるのがいい。

  11. 12月1日より、4輪自転車の歩道通行が可能になります。

  12. 幼児2人同乗基準適合車・電動アシスト自転車の購入費用は、自治体から支援されるケースもある。