クロスバイクやロードバイクを買ったら、1か月後には一度「初期伸び」を調整する。

クロスバイクやロードバイクなど変速段数が多い自転車の場合、購入して1ヶ月後位に一度購入した自転車店に持っていくことが必須です。
その理由とは?

初期伸びの調整

ロードバイクでもクロスバイクでも、変速やブレーキはワイヤーで行います。
金属製のワイヤーですが、購入して1ヶ月も経つと、ワイヤーが伸びてしまうのです。

ここでいう「伸びてしまう」状態ですが、これは故障とかではなくそういうもの。
新品のワイヤーは、最初のうちだけ伸びます。
伸びるとロードバイクやクロスバイクなど多段化された自転車の場合、変速が決まりにくくなる。
ブレーキもちょっと効きが悪くなるように感じるのですが、これはワイヤーの初期伸びという状態です。

新品ワイヤーはどうしても最初だけ伸びます。
この伸びた分を調整するのが、初期伸び調整です。

故障ではなくてむしろ正常に起こる現象なので、必ず調整しなければなりません。

初期伸びを取った後は

初期伸びを調整してしまえば、それ以降はほとんどワイヤーが伸びることが無いので、変速の調子が悪いときなどに調整すればそれで十分。
多くの自転車店では、購入して一ヶ月後に一度持ってきてくださいと伝えます。

初期伸びを取らないと、変速もブレーキも決まりにくくなってしまい、自転車の性能を発揮することが出来ません。

これはそこまで難しい作業ではないため、自力で調整しようと思えばできます。
とはいえ、素人さんがやるとグチャグチャになってしまうこともあるし、初期伸び調整は多くの自転車店では無料になっているようです。

上手く自転車店を活用して、最良の状態を保ちましょう。


関連記事

  1. リアディレイラーのハンガーが折れた・曲がった場合の対処法。

  2. シティサイクル(ママチャリ)のパンクを予防する、たった二つの方法。

  3. ブレーキキャリパーは105以上を選ぶのが正解。

  4. 自転車事故は、軽微でも警察へ通報を。

  5. 10月は12.5万PVでした。

  6. 自転車のカギが硬くても、鍵穴への注油はダメ、絶対。

  7. 自転車通勤をする上で知っておきたい、正しい交通ルール。自転車レーンを正しく理解しましょう。

  8. BIANCHI ROMA2&ROMA3。2022年モデルで変更された点はどこ?

  9. 中古タイヤに交換してくる自転車店にはご注意を。

  10. ママチャリのパンクを予防するなら、2週間に一度の空気入れ。

  11. タイヤで変わる!ロードバイクのグレードアップはタイヤから。

  12. 自転車修理を依頼したときは、不具合をきちんと伝えることが大切。

アーカイブ