ブレーキシューは定期的に交換を。

自転車のメンテナンスで必ずチェックしなければならないのは、ブレーキ。
特にブレーキシューのすり減りは要注意です。

ブレーキシューのすり減り

自転車のブレーキは、ブレーキシューのゴムがホイールを挟み込むことで機能しています。
ゴムなので、使っているうちにすり減ります。

ブレーキシューには溝があり、交換時期の目安を溝で判断します。
問題なのは、ブレーキシューがすり減りすぎるとゴムがなくなり金属部分が露出。
ホイールも金属なので、金属同士を擦ることになりホイールが割れてしまいます。

もちろん、金属同士が擦れていればブレーキを掛ける度にキーキー異音が鳴ります。
この症状が出ていたら、とっくの昔にブレーキシューの交換時期は過ぎてしまっています。

キーキー異音が鳴る前に、ブレーキシューの交換が必要です。

自転車によりタイプが異なるブレーキシュー

自転車によりブレーキシューのタイプが違うため、わからない人は自転車店に修理してもらうほうが確実です。
自転車のタイプによって選ぶブレーキシューは全く違うため、要注意。

交換作業も難しいものではありませんが、ブレーキは命に関わる重要なパーツ。
専門店にお願いしましょう。



関連記事

  1. ラテックスチューブのススメ。

  2. バーエンドキャップでオシャレ感を。

  3. ママチャリの空気入れにこだわる。

  4. スポーツ自転車専門店は、ママチャリの修理が出来ない。

  5. 空気圧が低いことによるリスク。

  6. 夜やトンネル内は、自転車でもリアライトが必須。

  7. 通販で購入した自転車、組み立てを自転車店に頼む場合の工賃はどれくらい?

  8. ママチャリでもちゃんと空気圧を管理したい!そんな人向けの特殊バルブ。

  9. FUJI FEATHERはシングルスピードの街乗り向き自転車。

  10. BRYTON RIDER15 neo。ブライトンのサイコルコンピューターがモデルチェンジ。

  11. 初めての自転車、小さなお子様に初めて自転車を買ってあげるときの3つのポイント

  12. クロスバイクの変速段数は、多いほうが有利?