ブレーキシューは定期的に交換を。

自転車のメンテナンスで必ずチェックしなければならないのは、ブレーキ。
特にブレーキシューのすり減りは要注意です。

ブレーキシューのすり減り

自転車のブレーキは、ブレーキシューのゴムがホイールを挟み込むことで機能しています。
ゴムなので、使っているうちにすり減ります。

ブレーキシューには溝があり、交換時期の目安を溝で判断します。
問題なのは、ブレーキシューがすり減りすぎるとゴムがなくなり金属部分が露出。
ホイールも金属なので、金属同士を擦ることになりホイールが割れてしまいます。

もちろん、金属同士が擦れていればブレーキを掛ける度にキーキー異音が鳴ります。
この症状が出ていたら、とっくの昔にブレーキシューの交換時期は過ぎてしまっています。

キーキー異音が鳴る前に、ブレーキシューの交換が必要です。

自転車によりタイプが異なるブレーキシュー

自転車によりブレーキシューのタイプが違うため、わからない人は自転車店に修理してもらうほうが確実です。
自転車のタイプによって選ぶブレーキシューは全く違うため、要注意。

交換作業も難しいものではありませんが、ブレーキは命に関わる重要なパーツ。
専門店にお願いしましょう。



関連記事

  1. チューブの耐用年数は何年?

  2. 1月は17000人の方のアクセスがありました。

  3. ルイガノMULTIWAY700。街乗りに最適なドロップハンドル車。

  4. 納得してもらうのも技術。

  5. 2022年4月は20.7万PVでした。

  6. 錆びる前にきちんと注油を。

  7. 自転車は横断歩道を降りて渡る義務がある。

  8. 45都道府県の出張対応の自転車修理店を公開しました

  9. 自転車に乗るとき、アイウェアはヘルメット並みに大事。

  10. ママチャリの空気入れにこだわる。

  11. 持ち込みパーツの組み立ては、断られることも。

  12. 10月はおよそ7200名の方にお越し頂きました。