7月は76000PVでした。

弊サイトを立ち上げて1年ちょっと経過しました。
7月は初めての前月比ダウンですが、76000回もPVがあり、やはり一定の需要はあったものと思われます。

それでは7月のアクセス数が多い記事ランキングへ。

1位は通販で購入した自転車の組み立て工賃の話。

コロナ禍で自転車需要は増大していると言われますが、通販じゃないと購入できないケースもあるので通販需要もたかまっているのかもしれません。

2位はパンク防止剤についての記事。

パンク防止剤ですが、ネット上では無意味な実験も散見されます。

このパンク防止剤は、適正な空気圧が入っていて、かつ車輪が回転しているときに作用するもの。
タイヤ内にチューブを収めないと、適正空気圧まで上がることはありませんので、何ら意味がない実験になっています。
タイヤがストッパーになって空気圧が上がっていくものですから、適正な空気圧まで上げずに効果を実験するという、科学の世界では絶対にやってはいけない方法です。

3位は奈良県の出張自転車修理店一覧。

4位は愛知県の出張自転車修理店一覧。

5位はママチャリの空気圧の記事。

正直なところどれくらいという匙加減については、自転車店でやってもらい、実際にタイヤを押して確認したほうがわかりやすい。

6位は3輪自転車の記事。

高齢者の免許返納後、安全そうだと誤解して3輪自転車を購入する方もいるので要注意です。

7位は持ち込みパーツの記事。

持ち込みパーツは一律NGにしている店もあるので、ちゃんと確認しましょう。

8位は神奈川県の出張自転車修理店の一覧。

9位は大阪府。

10位は宮城県。

関連記事

  1. サイクルベースあさひのサイクルメイトが大幅に変更。保険が充実した新しい形。

  2. 安物でもいいから頭を守ることが大切。ヘルメットを被るのはイヤ?

  3. BIANCHI ROMA2&ROMA3。2022年モデルで変更された点はどこ?

  4. 10万円以下のロードバイク、おすすめ5選。

  5. 自転車盗難の6,7割は無施錠が原因!鍵をしっかり掛けましょう。

  6. 出張の自転車修理店は、どれくらいお値段がかかる??

  7. 夜やトンネル内は、自転車でもリアライトが必須。

  8. ビアンキのクロスバイク、C-SPORT1と2の違い(2022年モデル)

  9. 不在中に修理してくれる自転車店にはご注意!

  10. ママチャリの前カゴは狙われる。盗難対策を。

  11. ロードバイクやクロスバイクがパンクした時に、3分もあれば復旧できるCo2インフレーター。

  12. ロードバイク・クロスバイクは専門店で修理するのが無難。

アーカイブ